プロフィール

    Ran Kazura

    Author:Ran Kazura
    こんにちは!

    このサイトでは普段のお仕事とは切り離して
    私がなんとなーく思った事などを不定期にアップしています

    ちょっと放置気味かもww

    現在東京都在住
    占い師、ドラマー。
    趣味:バイク、、お宮巡り、空を見上げること。
    好きな食べ物:お寿司、あ刺し身、麺類。
    嫌いな食べ物:思い付かないなぁ・・・。

    Ran Kazura

    カテゴリー
    最近の記事
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    蹴ってきた!




    『蹴ってきた!』

    ミットを持ってくれているのは、我が師匠のキックボクシング元世界スーパーライト級チャンピオン。師匠が考案した『疲れにくい・新しい身体操作』は、いわゆる 『キックボクシング』 の ひねる・回す・溜める と言う西洋的な身体操作ではなく、限りなくアウターマッスルを使わず、インナーマッスルと腹筋の前面だけを使い、骨格を効率的に動かす事で、強い打撃をうもうとの考えの下、目下その確立を目指している。
    よって、見た目にはキックボクシングらしくない蹴りのフォームになっているのだが、コレが不思議と当たりがいいし、あまり疲れない。
    私の場合は、まだ師匠の考案した身体操作に慣れていない。
    だから師匠はしきりに『何も考えないで。斜め蹴り斜め蹴り』と言っている。

    まずコレの前段階としての基本練習は、あえて片脚を前に出す構えを禁じ、足を平行にして立ち(いわゆる仁王立ち)そこから、体幹と腹筋の正面と骨格をしっかり動かし、左右の蹴りを出すと言うもの。
    (後ろの人はソレをやっています)
    当然ノーモーションになり、骨盤が使えてないと蹴れない。
    コレが出来る様になれば、普通に構えた状態からも尚楽に蹴れる!
    と言う理論。コレが出来て初めて歩く様に蹴れると言うもの。

    しかしねぇ・・・やってみるとコレがかなり難しい ><
    でも確かに当たりはいいんですよね。しかも さほど疲れないし。
    (結構疲れてますけどね^^;)
    私の師匠はこう見えて(どう見えているのかな?)絶対にお世辞や おだてなど言わない。
    特に私には より高度なものを要求する。
    だから、この人が 『いいよ』 などのリアクションをする時は本当にイイ時だけ。
    後で言っていたのだが、ミットを受けてくれている時、腕が痛かったらしい・・・(よしっ!)

    ちなみに、このキックミットはタイの 『トップキング』 と言うメーカーの物。
    大概キックミットと言うと同じタイ製の 『ウインディ』 とか 『ツインズ』 が使われる事が多い。
    格闘技をやっていない人に上記2社の一般的なキックミットを見せると、大概の人は驚く。
    そして蹴ってみると その痛さに更に驚く。
    キックを受ける為に出来ているのだから、頑丈に作られていて硬いからだ。
    しかし使っているうちに、蹴りの当たる所だけ ヘコんでくるものなんですが・・・

    しかし、この動画で蹴っている 『トップキング』 のキックミットは、そんなレベルの硬さではない。
    その硬さをなんと表現したらよいのか・・・
    例えば、分厚い木のまな板に薄くスポンジと布を巻いた物を蹴っている様な感じかな!?
    もう慣れてしまったけど、最初はミットを蹴り慣れていても、このミットは
    かなり痛かったのを覚えている。

    なんにしても、身体を自分の意のままに動かすと言うのは難しい事ですね。













    スポンサーサイト

    コメント

    Secret

    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    最近のトラックバック
    QRコード
    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。