プロフィール

    Ran Kazura

    Author:Ran Kazura
    こんにちは!

    このサイトでは普段のお仕事とは切り離して
    私がなんとなーく思った事などを不定期にアップしています

    ちょっと放置気味かもww

    現在東京都在住
    占い師、ドラマー。
    趣味:バイク、、お宮巡り、空を見上げること。
    好きな食べ物:お寿司、あ刺し身、麺類。
    嫌いな食べ物:思い付かないなぁ・・・。

    Ran Kazura

    カテゴリー
    最近の記事
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    キック + ミット = アザ



    『キック + ミット = アザ』

    写真は今月の1日と8日のもの。
    緑色のTシャツを着た我が師匠は、私より二つ年上でキックボクシングの元世界チャンピオンなのだが、引退から10数年たった今でも『格闘』と言うものを追求している。
    その結果、いわゆるキックボクシング的な身体操作(ひねる)によるパンチ・キックは動きも大きく疲れやすいのではないか!?
    それなら疲れにくいインナーマッスルと正面の腹筋と骨格をしっかり動かせば、最小限の力で最大限の威力が得られるのではないのか(従って幾ら打っても打ち疲れしない)!? と、考え始め、研究し始めた。
    その辺を突き詰めるとやはり『なんば』や古武道的な動きに近くなってくるんですね。
    つまり『ひねらない・回さない・ためない』と言う事です。
    結果、写真の様な蹴りのフォームになっています。
    私もソレに習い蹴ってみた・・・けど、キックボクシング的なパンチ・キックの打ち方に慣れている自分には、かなり難しい身体操作でした。
    でも、なるほど!何ラウンド蹴っても疲れない!当たりも確かな手応えがある!

    写真では私は白のTシャツだが、グレーのTシャツの時は、今まで慣れ親しんだ
    キックボクシングの蹴りのフォーム。

    まるっきり違うのが伝わるかなぁ・・・


    20140808 キックミット

    20140808 キックミット02

    キックミット

    キックミット02

    キックミット03

    ちなみに、白Tの時、久し振りに師匠の蹴りをキックミットで受けたのだが・・・
    私の腕は、この有り様 ^^; 格闘技をやってる人間にとっては当たり前な事なんだけど、やっていない人はあまり知らないと思うので、こんな感じになります!
    みたいな感じでアップしてみました ^^
    まぁ、これ位じゃないと武器にはなりませんからね。。。

    痛いけど楽しかった ^^
    ミットを持つと言う事は、相手にちゃんと練習させる責任があるんです。
    仮に痛かったとしても、ソレはソレで相手との勝負なんですよね。
    だから口が裂けても『痛いから受けられない』とは言わない。
    コレ、私なりの根性ってやつです。

    140809_174046sss

    140809_174107sss








    スポンサーサイト

    コメント

    Secret

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    最近のトラックバック
    QRコード
    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。