プロフィール

    Ran Kazura

    Author:Ran Kazura
    こんにちは!

    このサイトでは普段のお仕事とは切り離して
    私がなんとなーく思った事などを不定期にアップしています

    ちょっと放置気味かもww

    現在東京都在住
    占い師、ドラマー。
    趣味:バイク、、お宮巡り、空を見上げること。
    好きな食べ物:お寿司、あ刺し身、麺類。
    嫌いな食べ物:思い付かないなぁ・・・。

    Ran Kazura

    カテゴリー
    最近の記事
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    告白自伝 『過去日記』 3歳(その1) classic







    告白自伝 『過去日記』 3歳(その1)




    たまご・・・
    あれは大きなたまごだ。。。

    < 夢 >  1972年3歳

    ふと気がつくと、地面から天井まで50m、いや、100mはあろうかと言う位の巨大な洞窟の中に、私は立ち竦んでいた。
    後ろを振り返ると、そこには大勢の人達がいる。
    それはまるでホノルルマラソンのスタート地点さながら、見渡す限り大勢の人達が集まり、何かの切っ掛けを待っている様だった。
    その数はと言えば、ホノルルのマラソンなど比較にならない程の膨大な人数。しかしその中に私の知っている人を探し出す事はできなかった。
    その事に気付いた途端私は、この閉鎖された巨大な空間と大勢の人達の中で、自分は独りぼっちなのだという思いで胸が一杯になり、それまでなんとか抑えていた言い様のない孤独感と不安感が込み上げてきた。
    それは泣く事もできない位の強烈なもの。

    3歳当時の私はほとんど毎日見ていたこの夢の中で、恐ろしい不安感と発狂しそうな程の恐怖を感じていました。

    洞窟の奥に目をやると、なだらかだがトテツも無く大きな坂が真っ直ぐに下っているのが見える。
    目で追うと、坂が下りきった先に大きく開けた空間があり、その巨大な大広間(?)の真中辺りに 大きな大きな 『たまご』 の様なモノが緩やかに脈打ちながら、とても柔らかいキャラメル色の光を放って、優しくこちらを照らしていた。

    その存在 (たまご) と、それから放たれる優しい光は、この夢の中の私にとって唯一の慰めであり、たった一つの頼れる存在の様に感じられた。

    言い様の無い恐怖に打ち震えるなか、私を含めたココに居る数え切れない程の人達全員が、やはり何かの切っ掛を待っている様で、見渡せばその人(?)達は皆、あの 『たまご』 に向かって立っている。
    そして何かとても 『大切な事』 を前に、皆緊張してイライラしたりソワソワしている様だった。

    振り返って再び 『たまご』 に目をやる・・・
    「あぁ、早くあそこ (たまご) に行きたいなぁ・・・」 あそこに行けばこの恐怖から逃れられる!何故だかそう思える。
    と、その途端ひらめいた 「そうか!この人達も皆あそこに行くんだ!だから合図を待ってるんだぁ・・・もう行ってもイイよ!って言う合図を・・・これは誰が一番最初に 『あそこ』 に辿り着くかの競争なんだ!」 と・・・。
     『ひらめき』 と言うよりはむしろ本能で知っていた事を『思い出した』又は『悟った』と言った方が正しいかも知れない。

    そしてもう一つ悟った事がある。それは自分が一番でたどり着かなければ、この身が危ないという事・・・

    再び目をやると・・・光を放ち脈打つ 『たまご』 が私を呼んでいる気がした。
    『おいで・・・おいで・・・』と。



    (つづく)     

    *当ブログ内の文章・画像の転用・盗作は禁じます。




    スポンサーサイト

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    最近のトラックバック
    QRコード
    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。