プロフィール

    Ran Kazura

    Author:Ran Kazura
    こんにちは!

    このサイトでは普段のお仕事とは切り離して
    私がなんとなーく思った事などを不定期にアップしています

    ちょっと放置気味かもww

    現在東京都在住
    占い師、ドラマー。
    趣味:バイク、、お宮巡り、空を見上げること。
    好きな食べ物:お寿司、あ刺し身、麺類。
    嫌いな食べ物:思い付かないなぁ・・・。

    Ran Kazura

    カテゴリー
    最近の記事
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    不思議・不思議なこの世界・この宇宙 『NASA!NASA!って・・・情けない』




    お久し振りです m(__)m

    気付けば、この間の更新から早一年半も経っていました。。。

    放置するにも程があるぞい!!^_^;

    と言う事で久々に記事を書いてみたいと思います。

    (どうか皆さんに、忘れ去られていません様に。。。^_^;)


    それでは、始めたいと思いま~す!!





    不思議・不思議なこの世界・この宇宙

    『NASA!NASA!って・・・情けない』




    世の中には、物理や宇宙論などの研究または、それを学んでいる人は沢山居ると思います。

    しかし、失礼ながら、その中のどれだけの人が真実に迫っているのかと言えば、はなはだ疑問に思ってしまうんです。

    何故なら、あまりにも学者さんはNASAを、そして学生さんは学者さんを盲目的に信仰し過ぎているから・・・

    どう言う事かと言えば、マスメディア等でとりあげられる、【NASAやアメリカ政府の情報隠ぺい説・情報操作説】を唱える人たちを真っ向から否定している、その姿勢・・・その分野の学者や学生としては、非常に冷静で正しい物の考え方に見えますが、実はそんな所に思わぬ落とし穴があったりするんです。

    私から見れば、そう言った考え方は、逆にあまりにもロマンチスト過ぎる!って言う感じなんです。

    大雑把に言うと、そもそもNASAの前身は、大戦中、飛行機開発に遅れをとっていたアメリカ政府が、その技術を研究開発する為に創った軍事施設なんです。
    その技術が世界の水準に追いつくと、次はロケット(ミサイル)の研究開発へ転じ、今に至っています。

    そしてジョン・F・ケネディ大統領の肝いりで始まった、アポロ計画。。。
    それは、1960年代中に、人間を月まで飛ばす!と言うモノでした。
    結果、1969年7月に人類初の、月面着陸に成功し。
    世界は、宇宙飛行士が月面に星条旗を立て、月面を歩き回る様子を衝撃と感動、そして固唾を飲んでテレビに映し出される月面からの中継を、見守っていました。

    その後、数度に亘って行われた月への有人調査・・・
    しかし、費用が掛かり過ぎる!との理由で、当初の予定より早くアポロ計画は打ち切られます。


    さて・・・

    ここからが【大問題】そして【本題】なのですが、当時NASA及びアメリカ政府は、『月には、いかなる形でも水は存在せず・大気も存在しなかった』と発表しています。

    しかしここで、先述の【情報隠ぺい論者や情報操作論者】達が現れます。

    その言い分は・・・
    ●『当時、生中継とされていたTV放送は、実際には数分間のズレがあり、その間検閲されていた』
    ●『月面に立てられた星条旗が、はためいている。それは大気のある証拠だ』
    ●『宇宙飛行士が、月面でうつ伏せに転んだ際、水だ!水だ!と、地球の管制室に報告している』
    ●『公開された映像の中には、どう見ても地球上のセットまたはロケで撮影されたとしか思えない物が含まれている』
    ●『宇宙飛行士が、月面に転がっているコーラのビンを蹴飛ばした』
    ●『宇宙飛行士が歩き回る月面映像の端っこに、普段着の男性が映り込んでいる』
    ●『月面のある場所で宇宙飛行士が転んだ際、ピアノ線等で上から引っ張られているとしか見えない、起き上がり方をしている』
    ●『人類は本当に月に行ったのか?』
    ●『宇宙服程度の物では、有害な太陽風に直接晒される飛行士を守る事は出来ない』
    ●『NASA及びアメリカ政府は、UFO・異星人・月・火星・宇宙探査で知り得た情報を隠ぺい・操作している』
    ●『古今、宇宙船から撮影した映像の中にUFOが映っている』

    と、まぁ~細かく挙げていけばキリが無いのですが、ざっとこんな感じの主張をしています。

    そう主張する顔ぶれはピンキリ・・・
    UFOや異星人等の研究家・学者(少数派)・元NASA職員・一般視聴者・NASA及びアメリカ政府の隠ぺいを暴こうとするアマチュア研究家など。

    上に挙げた、彼らが主張する内容・・・
    確かに私もそう思います。皆さんの仰る通り!!あなた方は正しいよ!

    しかし、その主張に対して、NASA及びアメリカ政府の反論があるのも事実。
    その反論内容を観れば、確かに私もそう思います。NASA・アメリカの仰る通り!!あなた方は正しいよ!

    一体お前は何が言いたいんだ!と、怒られてしまいそうですが^_^;

    私に言わせれば、両方の主張は、両方とも正しいと言う事。
    しかし、これは見方を変えれば、両方とも間違っている(NASA・アメリカに関しては嘘をついている!)と言う事。
    上の【●】の主張をする人達は、『私達は騙されている!』と言い。
    それに反論する学者達は、NASA・アメリカが、そんな嘘をつく必要が無いでしょう!と言う。

    その光景を見て私はこう思う・・・
    『おめぇら馬鹿じゃね!もっとよく考えろよ!・・・よく居るんだよ、お勉強だけは良く出来るお馬鹿さんって!』

    アハハ・・・すみませんm(__)m
    ついつい、乱暴な言葉になっちゃいました^_^;

    でも、暴言ついでに言います。
    そんな論争を繰り広げている、両主張者の、あなた方!
    あなた達はとってもロマンチストだねぇ~!
    そしてとっても、おめでたいねぇ~!羨ましいわ^^

    考えてみて!アポロ計画が始まった当時、米ソは冷戦状態。
    そしてキューバ危機!
    ソ連がキューバにミサイル基地を作ろうとした。
    それをされたら、アメリカは常にソ連のミサイルの危機に晒されてしまう。
    しかし、ケネディ大統領が話しを付けて、その危機を回避。
    でも、冷戦状態は続いている。

    そこでアメリカは、強いアメリカを世界(主にソ連)に示さなければならなかった。
    ロケット技術の高さは、即ミサイル技術の高さに繋がる。

    そのロケット技術でソ連に遅れを取っていたアメリカは、どうしてもソ連より先に、月へ人類を送り込まなければならなかった!

    こんな政治的背景がありました。

    よ~く考えてみて下さい。
    それも、ごくごく当たり前に、よ~く!

    一国の軍事超大国(アメリカ)が、もう一国の軍事超大国(ソ連)へ、己の力を示すために、人類初の月面着陸を宣言したんですよ!

    ならばそれは、絶対に失敗が許されない!と言う事!
    ならばそこに、万一の不測の事態に備え、保険を掛けておくのは、当たり前な事でしょ?
    そう思いませんか?

    月からの中継放送に検閲が掛かるのも当たり前!!

    『私達は真実を知らされず、騙されていた・・・』?

    はっ?何 眠たい事言ってんの!そんなの当たり前でしょ!
    あなたは、自分の友達に全てをさらけ出しますか?
    自分の悪い癖や心の闇。はたまた自分の性癖などなど、全部さらけ出しますか?

    大抵の人はそんな事出来ませんよね?

    個人でさえそうなのに、国レベルになったら、情報隠ぺいや情報操作なんて当たり前でしょうに!

    その為に、予め撮影しておいた映像をTVに流すのも当たり前!!

    大体が、一国がその威信を懸けて、膨大な費用を懸けて、失敗に失敗を重ね、多くの人命を犠牲にして、やっとこさ辿り着いた宇宙(月の有人・無人探査や火星、太陽、太陽系探査)で得た情報を、ハイそうですかって、全部公開する訳無いでしょ!

    国益になる事だと思えば、内緒にしておくのは当たり前!

    個人レベルだってそうでしょ?
    もしあなたが宝くじの一等に当選したら、私当たりました、当たりましたって言って歩きますか?

    国ですよ!国!ボランティアじゃないんですよ。
    沢山お金懸けて、やっと手に入れた知識を、他国に教える訳無いでしょう!

    それを、今の学者や学生さんは、NASAがそう言ってるんだから、それで正しいんだ!と思っている。
    そして、発表されたいい加減なデータを基に研究し、ひとつ賢く成った気になっている。。。

    おいおいしっかりしてくれよ!目ぇ覚ませよぉ!

    今、当たり前に使われている技術。
    例えばサランラップやGPS、そしてこのインターネットも元はと言えば、全てアメリカの軍事用に開発された技術。
    それを一般に公開し、手放していると言う事は、それに代わるもっと高度な技術が開発されていると言う証拠!

    ついでに言うなら、レーダーに映らない見えない戦闘機としてアメリカが世界に向けて発表したステルス戦闘機。
    当時、航空評論家・軍事評論家・学者さん・・・みんな、それがアメリカの最先端の技術だと思い込んでる。

    そんな訳無いじゃん!
    それを発表した時点で、その技術はアメリカにとっては古いものになっているんですよ。
    裏ではもっとイイ技術が開発されていて、もっと性能のイイ物が出来ているから、ステルスを表に出して、お金儲けしてるんです!

    以前、私のこの考えに
    『そりゃ違うよ!アメリカは物量で勝負だから、最新兵器を他国に売ったって平気なんだよ』と、反論してきた人が居ます。

    一見正論に思えるこの意見・・・
    じゃあ、日本なり ソ連なりがステルスを買って、本気でそれを研究したら、ステルスと同等、或はそれ以上の性能を持った戦闘機を量産する事なんて簡単ですよ。

    アメリカは、そうなっても平気な技術を持っているから、笑顔で商売しているって事。

    一国の軍事超大国が、自国の最高水準の技術を見せる訳無いでしょ!
    表に見えている事が、いつもその時点での最高水準の技術だと、思い込んでいる事の方が、おめでたく、ロマンチックで、尚且つ危険な物の考え方だと思うんです。



    これと似た様な話は、日本にもあるんです。

    もう25年以上前の話ですが、火の玉・プラズマの研究で知られる大槻教授の著書(題名は忘れました><)の、巻末近くに、こうありました・・・
    ある日突然、大槻氏の下を、自衛隊の幹部三人が訪れたと言います。

    用件は、プラズマの武力転用に伴う研究協力の要請でした。
    しかし、大槻氏は当時、自分の研究が忙しく、丁重にお断りしたとの事。

    ここから考えられる事は何か?

    一国の軍隊(法律に縛られて居るとは言え、言ってしまえば自衛隊も軍隊ですよ)の幹部が、三人雁首揃えて来たと言う事は、それなりに本気だと言う事!
    そして、その時点でプラズマ兵器の開発費用なども、確保している筈。

    荒っぽい考えだけど、その予算は、今話題になっている税金の無駄遣いなどを隠れ蓑に捻出したのかも知れない・・・
    なんて事まで考えられてしまう。

    それが合っているかどうかは分りませんが、一つ言える事は、自衛隊の上層部の人達は【核より強力でステルスより便利な兵器を欲している】と言う事!

    何故か・・・?
    恐らく・・・!少なくとも自衛隊の上層部レベルでは、日米安保条約を破棄し、日本をいっぱしの独立国家にしたいのではないのか?
    また、自分達も軍隊として在りたいのではないのか?
    もう、アメリカの使いっ走りは御免だよ!と思って居るのではないか?
    との類推が成り立ちます。

    その為に、有事の際アメリカに対抗し得る兵器を欲していたのではないか?
    そして、恐らく・・・!
    自衛隊の上層部レベルでは、有事の際、安保理に基づく行動をアメリカは起こさないと分っているのではないでしょうか。
    アメリカが日本に基地を置く理由はただ一つ!有事の際命懸けで日本を守る為では無い!!
    戦略上、日本に基地を置いておく事が重要だから・・・ただそれだけの事!

    自衛隊の上層部は、それを分っている!だから大槻氏に会いに行った。
    では、大槻氏に断られたからと言って、プラズマ兵器の開発を諦めたのか?
    そんな事は無いでしょう!
    一国の軍隊がそこまで本気で動いているなら、大槻氏一人に断られた位で諦める筈が無い。

    それから25年以上経った今。プラズマ兵器は、開発の佳境を迎えているか、既に完成しているかも知れませんね!



    皆さんはどう思いますか?
    私の言っている事は、間違っているでしょうか?

    先入観無く、普通に考えた場合、こう言う答えに辿り着くのは、ごく自然な事だと思うのですが。。。




    それでは、今回も長い記事を最後までお読み頂いて、ありがとう御座いましたm(__)m








    スポンサーサイト

    コメント

    Secret

    こんにちは

    久しぶりにRanさんの日記拝見いたしました(^O^)
    私のところへご訪問ありがとうございましたm(__)m
    宜しければ新しいブログもご覧くださいm(__)m

    『クリアー整体ヒーリング』です
    http://blog.livedoor.jp/orion12-clear/

    → orion12 さん


    コメントありがとう御座います。
    お久し振りですm(__)m

    はい!
    是非ソチラのブログも拝見させて頂きます^^

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    最近のトラックバック
    QRコード
    QRコード