プロフィール

    Ran Kazura

    Author:Ran Kazura
    こんにちは!

    このサイトでは普段のお仕事とは切り離して
    私がなんとなーく思った事などを不定期にアップしています

    ちょっと放置気味かもww

    現在東京都在住
    占い師、ドラマー。
    趣味:バイク、、お宮巡り、空を見上げること。
    好きな食べ物:お寿司、あ刺し身、麺類。
    嫌いな食べ物:思い付かないなぁ・・・。

    Ran Kazura

    カテゴリー
    最近の記事
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    人生の幕間・・・






    【人生の幕間】

    私が3歳の頃別れた お母さん。私を産んでくれて有り難う。
    この広い空の下のどこかで、きっときっと幸せに生きていて下さい。

    6歳の頃から私を女手ひとつで育ててくれた おばあちゃん。
    大した孝行してあげられなかったけど、ごめんね。有り難う。
    ひ孫の顔を見せられる生き方とは違う生き方を選んだ時、
    『なにも恥ずかしい事じゃないわよ。』と、受け入れてくれて
    嬉しかった。本当に有り難う。

    親父。逝ってから、もう30年だね。
    今は、そっちで楽しくやってるのかな?
    それとも生まれ変わってるのかな?
    私に音楽と礼儀を教えてくれて有り難う。
    もしまた会う事があるなら、その時は友達にでもなろうね。

    おっと!ちょいと湿っぺぇ話になりやした^^;

    私は人生には『幕間』って物があると思うんです。
    例えば、何かをガーッとやっていたりする時。
    そんな時、ある日突然『幕間』ってやってきたりする。

    家族の為とか、淡々と日々を送らなければならなかったりとか、親の介護だったりとか。
    この辺を私は『幕間』と定義しています。
    人は、この間に『私事』ではない事をして日々を生活する。
    そんな時、人は『ある種の不満』をいだく事がある。
    でも、この種の時間、、、つまり『幕間』は人間にとって、とても大切な時間だと私は思う。

    私自身、3年ちょっと、祖母の介護をしていた。
    当時は『辛いだとか、やりたい事が出来ない』だとか、色々と不満を感じていた。
    でも最近思うんです。
    親(私の場合は親と縁が薄かったので、祖母と言う事になりますが)は
    最後の最後、自分の命を賭けて『我が子』を、もっと大人にするために教育してくれたのではないかと。介護と言う形で。
    そう思うと、本当に感謝の氣持ちでいっぱいになる。

    そして『幕間』も終わりに差し掛かる頃。
    たった一週間前の自分が、想像も出来なかった様な事に氣付いたり、
    昨日の自分が考えも付かなかった方向へ歩み始めたりする。
    『人生の幕間』とは、そんな時間。

    そうして、一歩を踏み出すと、全ての風景が今までと違って見える。
    全ての物事が、自分へのヒントを出してくれている。
    それに氣付けた時、初めて本当の感謝が胸の内に芽生える。
    誰と出会うのか、何をするのか、どんなものと出会うのか、どんな言葉に出会うのか?も含め、その人にとって真に必要な時期に、丁度いいタイミングで、
    その人にとって真に必要な『人や物、事柄』と出会う。
    それは全て『縁』だから。だから自然と感謝が芽生える。

    私も、ここ10年ちょっと、納得して生きてきた。
    でも、そろそろ人生の3つ目の幕が上がりそう・・・
    と、言うより、上がりました。
    日々の生活も、もう『幕間』ではなくなりました。

    これからの30年なのか40年なのか判らないけど、
    自分なりに精一杯走っていこうと思います。勿論、ある意味では今の家族とも一緒にね。
    二人と一匹の家族。幸せだ。有り難い事です。
    『一人きりでは出来ない事も、タフな笑顔の仲間となら乗りきれる』

    3つ目の幕が上がったのも、皆様のお蔭です。
    本当に有り難う御座います。感謝、感謝です。

    そして、とりわけ ある方のお蔭であるところが大きいです。
    その方に、何をどう言われたとか、何かをしてもらった訳ではないのですが・・・。
    その方を通して、めぐりめぐって、私の幕があがりました。
    ご本人は、この事は全く知りませんが・・・。
    つまり私が勝手に『お蔭』って思っているだけなんですけどね。

    でも、そう『あなた』です。『あなた』のお陰です。有り難う御座います。
    これも『縁』なのでしょうね。神様や、縁、人、おおよそ考えつく事全てに感謝。
    そして、必ず『あなた』の立っている所へ私は行きます。何年掛かっても。他人から笑われても。

    これは、見ようによっては、人生の目標をやっと見付けたみたいに思われてしまうかも知れませんが、そうではありません。
    人生の目標はとうの昔からあります。
    それとは別に不可能と思われる事にチャレンジする!と言う事です。

    これから私はどんな人達と出会い、何と出会い、どうなっていくのか、どうするのか、とてもとても楽しみです。。。








    スポンサーサイト

    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    最近のトラックバック
    QRコード
    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。