プロフィール

    Ran Kazura

    Author:Ran Kazura
    こんにちは!

    このサイトでは普段のお仕事とは切り離して
    私がなんとなーく思った事などを不定期にアップしています

    ちょっと放置気味かもww

    現在東京都在住
    占い師、ドラマー。
    趣味:バイク、、お宮巡り、空を見上げること。
    好きな食べ物:お寿司、あ刺し身、麺類。
    嫌いな食べ物:思い付かないなぁ・・・。

    Ran Kazura

    カテゴリー
    最近の記事
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    忘れていた物・・・





    最近、自分の写真やらなんやら、色々と整理しておりまして。
    もう、とうに忘れていた物なんかが出てきたりするんですが、
    これも、そのひとつ・・・と言うか、その一種類です。

    多分、このエピソードと絵は、私の知り合いでも、誰も知らないんじゃないかなぁ?

    私、絵を描く様な人生は歩んでこなかったのですが、
    もう、25年位前に、突然描きたくなって描いたのが、
    この紫の絵なんですが、まぁ、素人の絵なので突っ込みドコロ満載なのですが、いやらしい意味ではなく、
    『シーツに包まり愛にもだえる女性』をイメージして自分なりに描いた物です。ですが後にこれが『すったもんだ』の切っ掛けになるんです。

    Last Scene 00 紫

    時は、先日の『桑靖』の投稿時にアップしたバイクにまたがる私の写真・・・つまり23歳頃の事です・・・。

    当時、本業とは別に、夜、水商売のバイトをしておりまして。
    ある日そこのママが言うんです。
    『私達、毎年コミケに自分達で描いた漫画を出店しているの!あなたも描かない?』
    コミケって何ですか?から始まり色々説明されて、やっと趣旨を飲み込んだ私は、開口一番
    『無理ですよぉ~絵なんて描いた事ないですし、漫画なんて、とてもとても・・・!』
    それに対しママは、いたずら書きでもいいから、何か描いたものないの?・・・後日、私はこの紫の絵を見せました・・・。
    ね!こんな程度だから無理でしょ!って意味を込めて・・・。

    Last Scene 02 紫の流用

    ところが、それを見たママは
    『まぁー素敵!描けるじゃない!短編の一話完結で一本描いてよ!』と。
    結局、断り切れずに渋々、描く事にしました。

    さぁー!ここからが飛んでもないのですが!
    描くにあたり、ママから少々・・・いや無茶苦茶な注文が飛んできました^^;
    『女性同士の恋愛物で、凄くエッチなやつ!あと、えーすMの要素も入れて!その方が売れるのよ!』
    もはや乗りかかった船だから、苦笑いしながらも了承しました・・・。

    Last Scene 05 寄り添う二人

    当時はネットもなかったので、その題材の事を調べるのも大変だったけど、まぁなんとか調べたり、考えたりして、ストーリーの構想が出来てきました。

    タイトルは『Last Scene』

    Last Scene 01 表紙

    紫の絵は、書き直してこれに流用。
    それ以外は、この為に描いた原稿です。
    全く未完だし、ちゃんと仕上がってる原稿もないのですが、アップしてみようかなと思います。 こう言うところはアマチュアの特権ですね^^

    Last Scene 03 帽子の女性アップ

    特に漫研に入っていて漫画描いてた訳じゃないのに、、、
    当然、漫画家さんが使う万年筆みたいな物も持ってないし、持ってても使えないし。

    Last Scene 04 耳元でのささやき

    なので、シャーペンで下描きをして、細~いサインペンで、それなりに真剣に描いたんですが、ママ曰く『これじゃアートじゃないの!もっと絵露絵露にして!』と、おっしゃる。

    コマ割りなんかも考えつつ、スクリーントーンも貼っていってたんだけど、ママとの中間報告的な話の時に、ストーリーの結末を話したんです。

    Last Scene 08 鏡と女性

    そうしたらママ『その終わり方なんとかなんないの?絵露絵露な感じで終わってよ!』と、再び注文が。
    とりあえず、わかりました考えてみます。と答えて数日・・・。

    Last Scene 07 絡み合う二人

    よーく考えてみた!
    えーすMが、お互いにとって愛情の表現方法ならば、
    お互いの愛が究極に高まった時、行きつく先は見えている。

    Last Scene 09 ムチと自慰

    私には同人誌の絵露マンガなんて描けないし、読者がどう言うモノを求めているのかも解らないし。
    と言う事で、やはり結末は変えられない!と言う結論に。
    そもそも、その結末に向かって描いていた絵なので、今更描き直すとすれば、最初からって事になる。
    私には、そんな力はありません。

    この事を後日ママに話したら、コミケのメンバーから外されました^^;
    入稿用の用紙とか、スクリーントーンなんかも、何十枚も買ったんだぞぉ! せめて掲載させろ!って、思ったけど、かなり求められていたモノと、明らかに毛色が違っていた事も、当時自覚していましたから!まっ、しょうがない・・・って言うか、今は、それで良かったと思ってる。

    Last Scene 06 斜め線の二人

    とまぁ、こんな経緯のある、私の つたない絵ではありますが、
    内容が内容だけに、投稿出来る範囲でのアップですが、
    よかったら見てやって下さい! セリフは、特にエッチな事言っている訳ではないのですが、今読むとクサくて恥ずかしいので隠してあります^^;
    すっかり忘れてしまっていた絵達だけど・・・
    でもまぁ、これで初めて、少しは陽の目を見せてやる事が出来ました^^。。。








    スポンサーサイト

    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    最近のトラックバック
    QRコード
    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。